AGA

AGAとは

AGA

Androgenetic Alopeciaの略称がAGAになります。これを日本語に訳すと男性型脱毛症ということになります。AGAは男性特有の薄毛症でもあり、思春期以降に発症する進行性の脱毛症になります。日本人男性では、約4人に1人の割合で発症していると言われています。原因については、遺伝や男性ホルモンが影響することによる発毛サイクルの乱れといったものです。

そもそも髪の毛というのは、生えてきては抜け落ちるという毛周期(ヘアサイクル)を繰り返すわけですが、AGAの患者様の場合、この毛周期を繰り返していく度に主に前頭部と頭頂部の髪の毛が軟毛化していき、その髪の毛というのは細くそして短くなっていくわけですが、最終的にはこれらの部位の毛髪は失われるようになります。

治療について

上記のような症状がみられ、診察にて医師がAGAと診断した場合、早速治療が行われます。その場合、医療機関でのみ取り扱われている服用タイプの「AGA治療薬」が医師より処方されます。同治療薬はいくつか種類があります。具体的には、プロペシア、プロペシアジェネリック(プロペシアの後発品)、サガーロといったものがありますが、当院では患者様に適切とされる治療薬を処方いたします。

なおプロペシアとは、フィナステリド(男性ホルモンの働きを抑制する働きがある)の成分が含まれています。同成分によって脱毛作用が強いとされる男性ホルモンを抑えていくわけですが、これによってヘアサイクルによって細く短くなっていく髪の毛を太くさせていきます。一方サガーロは、デュタステリドと呼ばれる成分が配合されているAGA治療薬ですが、これもプロペシアと同様に男性ホルモンの働きを抑制させるようにします。ちなみにサガーロは、ある報告によるとフィナステリドよりも約1.6倍の発毛効果があると言われています。どの治療薬を選んだとしても1日1回の服用となります。

副作用について

AGA治療薬の副作用に関してですが、薬の種類に関係なく服用によって男性機能(勃起不全、性欲減退 など)が低下したという報告があります。このほか肝臓に負担をかけるということもあって、肝機能障害を発症するリスクというのもあります。これらの症状がみられたら、まず服用を中止したうえで、速やかに医師へご相談ください。