最先端ドライアイ治療

ドライアイの主な症状

目が疲れる 目が重い 目が熱い 目に異物感がある 充血 目が痛い 目を開けていられない 頭痛 肩こり など

検査、治療について

上記のような症状を訴え、ドライアイが疑われると診断をつけるための検査が行われます。
検査の結果、治療が必要となった場合によく行われるのが点眼薬による薬物療法です。この場合、人工涙液やヒアルロン酸が含まれた点眼薬によって涙液を補っていくものや目の粘膜を保護していく点眼薬が用いられます。

点眼薬では改善が難しければ涙点プラグによる治療法が行われます。涙点とは涙の出口となる部分ですが、ここにプラグ(栓)を差し込んで、涙の排出を抑えることで眼内に水分を溜め込むことでドライアイを改善していきます。

また、当院ではドライアイの原因であるマイボーム腺機能不全の新たな治療法として注目されている、IPL治療機であるM22という機械を使用したドライアイ治療を行っています。

IPLによるドライアイ治療

IPL

当院ではIPL治療機であるM22という機械を使用したドライアイ治療を行っています。
IPL光線療法はドライアイの原因であるマイボーム腺機能不全の新たな治療法として注目されており、マイボーム腺開口部の詰まり解消やまつ毛ダニの感染抑制などに効果があることが報告されています。

施術の副作用・ご注意

  • 治療後は肌にヒリヒリ感や赤みが生じる場合があります。
  • 治療後2週間程度、照射部位の紫外線対策が必要です。
  • 洗顔・入浴・お化粧等、その他の日常生活上の制限は特にありません。
  • 1度の照射では効果を感じられないことがあります。3~4週間後に合計4回行います。

治療の流れ

1 初回検査
ドライアイチェックを無料で行います。
2 <1回目>IPL光線療法
3~4週間後
3 <2回目>IPL光線療法
3~4週間後
4 <3回目>IPL光線療法
3~4週間後
5 <4回目>IPL光線療法
4回目以降は、1年に1~2回はメンテンナンスにご来院ください。