コンタクト・眼鏡

コンタクトレンズ・眼鏡処方について

コンタクトレンズ・眼鏡処方

視力が著しく低下するなどして、日常生活に支障が出ているという場合は、当院をご受診ください。その際は、視力低下の原因を探っていきますが、あらゆる可能性を想定しながら、問診、視診、眼圧検査などを行っていきます。その結果、何らかの眼疾患とは関係なく、屈折異常(近視、遠視、乱視)が原因ということが判明し、凸レンズや凹レンズによる矯正で視力改善が必要と眼科医が判断すれば、眼鏡やコンタクトレンズによる処方を行っていきます。

ちなみに屈折異常とは、網膜上に焦点(ピント)が合わないことで起きる現象ですが、そのような状態で視界に入った物や像は、ぼやけて見えるようになります。そのため、くっきり見えるようにするには屈折異常の種類と度数が合った矯正レンズが必要になります。患者様の多くは近視が原因で来院されます。近視を放置していると、遠くを見る際に目を細めるなどするようになりますが、これが疲れ目や肩こりを招き、さらに目に負担がかるようになるので、今以上に視力が低下していくようになります。目が見えにくいことに気づいたら、まずは一度ご受診されるようにしてください。

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズも眼鏡と同じように屈折異常の患者様に対応した屈折矯正のひとつです。眼鏡のような外見への影響はなく、角膜をレンズで覆うという仕様になっているので、眼鏡のフレームが気になる方、スポーツをよくする方が装用されることが多いです。眼鏡と同様に近視、遠視、正乱視の矯正が可能で老眼にも対応、ハードコンタクトレンズであれば、不正乱視の矯正もできます。

同レンズを処方するにあたっては、まず適正の有無を含めた検査をしていきますが、小中学生のお子さんや結膜炎などの眼疾患のある方につきましては、眼鏡による処方をお勧めしています。

またコンタクトレンズは角膜に直接レンズが触れるようになりますので、装用の仕方を間違えると眼球の表面(角膜 など)に傷がつくことによる感染性角膜炎、同レンズが角膜を覆うことで酸素が供給不足となって発症する角膜上皮障害などの眼疾患を発症するようになるので、このようなトラブルをできるだけ防ぐためにもコンタクトレンズの使用方法やお手入れの仕方などを丁寧に説明していくほか、装用後の定期検査もご案内しております。

ハードコンタクトレンズと
ソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズは素材によって、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類があります。購入の際にどちらかを選択する必要があります。それぞれの特徴につきましては、以下をご参照ください。

ハードコンタクトレンズ

角膜の一部を覆う程度のサイズで、レンズは硬い素材で作られています。装用してしばらくは違和感があるほか、レンズがずれやすいので脱落しやすいということもあります。利点としては、高耐久性、不正乱視の矯正、度が強いレンズの装用、目に何らかの異常があった際に気づきやすいということがあります。

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズの素材についてですが、これまでは従来型とも呼ばれるハイドロゲルという素材のレンズが主流でした。その後、2000年代の頃に目にやさしいとされるシリコーンハイドロゲル素材のソフトコンタクトレンズが登場し、後者の方が今では主流となってきています。

従来型とは使い捨てのレンズではない1年~1年半ほど使用するタイプのものですが、先にも述べたようにハードコンタクトレンズよりも装着感がよく、馴染みやすいという利点があるものの、酸素透過率が低い(眼内が酸素不足になりやすい)ことから目の乾きや違和感、あるいは充血といった症状を訴える方もいます。また、これといった眼症状がなくても装用し続けることで実は目に何らかのトラブルが起きていたというケースも少なくありません。従来型の素材では、水分をたくさん含んでいたレンズであっても時間の経過と共に水分が蒸発してしまうので、日が暮れる頃には乾燥するようになります。そのため、コンタクトや眼内の乾きを解消するための目のケア方法として人工涙液型の点眼薬などが欠かせません。

一方のシリコーンハイドロゲル素材のソフトコンタクトレンズは、まずハイドロゲルよりもレンズの形が崩れにくいという特徴があります。このようなことからつけ心地については、従来型よりも違和感を覚えやすいということはありますが、使い続けることで慣れるようになると言われています。また同素材は、酸素透過率が高いことでも知られ、涙などの水分が蒸発しにくい素材でもあるので乾燥しにくく、ドライアイのリスクも低減されるようになります。こちらの方が目の環境にはやさしいと言えるのではないでしょうか。

同じソフトコンタクトレンズでも、素材選びから、使い捨てか通年使用かなど様々な選択がありますので、これらの特徴をしっかり踏まえたうえで、コンタクトレンズをご購入ください。

眼鏡処方

眼鏡は、屈折異常(主に近視、遠視、乱視、老眼)でお悩みの多くの患者様が選択する屈折矯正になります。リーズナブルで装用方法も簡単、屈折異常の大半を矯正できるという点がメリットです。ただし、不正乱視、強度な屈折異常、不同視の方は眼鏡による矯正は不向きとされています。

なお眼鏡の処方せんを作成する場合、矯正視力検査によって最適とされるレンズを選んでいきます。患者様が使用する矯正レンズが決まれば処方せんをお渡ししますので、これをご持参のうえ、眼鏡店で眼鏡を購入していきます。

なお以前から眼鏡(コンタクトレンズ)をかけている方で、最近眼鏡(コンタクトレンズ)の度が合わないという場合もお気軽にご相談ください。そのまま使用し続けることは、目の負担となって眼精疲労や視力低下を招くことがあります。来院される際は、合わなくなったとされる眼鏡(コンタクトレンズ)もご持参ください。